アドバイザリ

アドバイザリ リーダーシップ

  • Gilles Samoun、NTR Global 社 CEO、Qualys 社元 CEO 兼創設者
  • Paul SimmondsJericho Forum 共同創設者兼役員、および AstraZeneca 元最高情報セキュリティ責任者
  • Chris Zoladz、Navigate LLC 社 CEO、Marriott International 社元情報保護およびプライバシ担当 VP
  • Howard Schmidt、元ホワイトハウスサイバーセキュリティ調整官
  • Matthew Green、ジョンズ・ホプキンス大学情報セキュリティ研究所助教授
  • Brian Honan、BH Consulting 社長

 

Gilles Samoun、NTR Global 社 CEO、Qualys 社元 CEO 兼創設者

Gilles Samoun は、スペインのバルセロナに所在する NTR Global 社の CEO です。NTR Global 社の前は、Solsoft 社の会長兼 CEO でした。 その前は Benchmark Capital 社で EIR チームの一員として勤務していました。 Benchmark 社の前は、グローバルなオンラインセキュリティ監査サービス プロバイダーとして自身が設立した Qualys 社の創設者兼 CEO でした。 Qualys 社の前は、LAN キャッシング ソフトウェア企業である MediaPath Technologies 社の CEO でした。 また、ビジネス ポータルを強化するソフトウェア ソリューションのリーディング プロバイダーである Verity 社に、ヨーロッパ地区担当統括マネージャー兼バイス プレジデントとして 5 年間勤務しました。 Verity 社に在籍している間に、売り上げを伸ばすことと、同社のヨーロッパでの知名度を上げることに成功しています。 Verity 社の前は、Artefix 社と Fininfo 社において、さまざまな技術に関してリーダーシップを発揮し、管理的な地位に就いていました。

 

Paul Simmonds、 クラウド セキュリティ アライアンス『Guidance v3.0』共同編集者、Jericho Forum 共同創設者兼役員、および AstraZeneca 社元最高情報セキュリティ責任者

Paul は、Jericho Forum の共同創設者兼役員、クラウド セキュリティ アライアンスの『Security Guidance for Critical Areas of Focus in Cloud Computing v3.0』の共同編集者、およびセキュリティ コンサルタントです。彼はつい最近まで AstraZeneca 社のグローバル CISO (最高情報セキュリティ責任者) であり、その前は ICI 社のグローバル CISO でした。Paul の多彩なキャリアには、電子妨害手段、劇場と TV の照明、北海油田制御システムの設計、JET 向けのネットワーク管理 (核融合研究) が含まれます。 複数の民間ラジオ局も開設しています。 ICI の前は、セキュリティ レベルの高いヨーロッパの Web ホスティング企業で情報セキュリティの長を務めており、その前の 7 年間は Motorola 社でグローバル情報セキュリティマネージャーの地位に就いていました。

彼は SC Magazine 誌から "Chief Security Officer of the Year (年間最優秀チーフ セキュリティ オフィサー)" 賞 と "Best Security Implementation (最優秀セキュリティの実装)" 賞を授与されており、Network World 誌の "Most Powerful People in Networking (ネットワーキングの最強の人々)" に 2 度選出されています。

Jericho Forum に加え、Paul は最先端のコンピューティング企業の顧問であり、ISSA UK の諮問委員長でもあります。

Paul は、電子工学の学位と、City & Guilds の無線通信の資格を取得しています。さらに、英国カヌー連盟のレベル 3 のカヤック コーチでもあります。

  

Chris Zoladz、Navigate LLC 社 CEO、Marriott International 社元情報保護およびプライバシ担当 VP

Chris Zoladz (CIPP、CIPP/G、CISSP、CISA、CPA、CGFM) は、幅広い戦略的かつ戦術的な情報保護とプライバシに関するコンサルティング サービスを提供するコンサルティング企業である Navigate LLC の創設者です。2009 年 4 月に Navigate 社を創業する前は、Marriott International 社で 1999 年に自身が作った職務である情報保護およびプライバシを担当するバイス プレジデントでした。 その役職での Chris の責任は、情報保護とプライバシに関するグローバルな活動のすべてを統括することであり、エグゼクティブ アドボカシ、ポリシー、啓蒙プログラム、トレーニング、情報マッピング、リスク アセスメント、PCI DSS を含む法令準拠などが含まれていました。 Chris と彼のチームは、Marriott 社のすべての事業部門のマネージャーと協力して、同社の価値のある情報資産が識別され、十分に保護され、プライバシに配慮した方法で経済的な利益を上げるために活用されるようにしました。 Chris は、情報セキュリティ & プライバシ ガバナンス委員会の委員長も務め、eBusiness 協議会のメンバーでもありました。 Marriott 社の前は Ernst & Young 社に 13 年間在籍し、最後は IT 監査およびセキュリティ サービスの中部大西洋地域担当役員を務めていました。 その職務では、数多くの業界で多数のクライアントに対して高品質の情報システムの監査およびセキュリティ コンサルティング サービスを提供することに注力する実践グループを率いていました。 また、Ernst & Young IT アシュアランスおよびアドバイザリ サービス プラクティス マネジメント委員会にもサービスを提供していました。 Chris は、International Association of Privacy Professionals (IAPP) の元代表兼財務担当兼創業メンバーであり、2006 年度の年間最優秀プライバシ オフィサーとして IAPP Vanguard Award (IAPP 先駆者賞) を受賞しています。 米国 商工会議所の通信および eCommerce 委員会のメンバーだったこともあります。 ComputerWorld 誌によって 2010 年度トップ プライバシ アドバイザーの 1 人に指名されています。 また、最近発行された次の書籍の寄稿者でもあります。 『Building a Privacy Program: A Practitioner’s Guide (プライバシ プログラムの構築: 実践者ガイド)』.

 

Howard Schmidt、元ホワイトハウスサイバーセキュリティ調整官

元ホワイトハウスのサイバーセキュリティ調整官である Howard Schmidt は、アメリカ国土安全保障省初代長官の Tom Ridge とともに設立した Ridge-Schmidt Cyber LLC において、企業や政府の指導者にサイバーセキュリティの方策についてアドバイスを行っています。 Schmidt は Software Assurance Forum for Excellence in Code (SAFECode) の業務執行取締役も務めています。 政府の政策分野に係る専門知識により、法制を整備することで発生するクラウドおよびセキュリティ業界へのインパクトについて貴重なアドバイスを提供しています。

 

Matthew Green、ジョンズ・ホプキンス大学情報セキュリティ研究所助教授

Matthew Green は、ジョンズ・ホプキンス大学情報セキュリティ研究所の助教授として実用暗号理論を教えています。 ビットコインやその他の暗号通貨のトランザクションでの使用するために匿名性を加えた拡張版であるゼロコインの作成に協力しました。 また、Green は Open Crypto Audit Project (OCAP) を共同設立し、役員としても従事しています。 彼の最新セキュリティと暗号研究によるアドバイスは、CipherCloud の技術革新を進める上で大きな役に立っています。

 

Brian Honan、BH Consulting 社長

Brian Honan は、サイバーおよび情報セキュリティ分野のエキスパートとして国際的に著名な人物です。 さまざまな民間企業や政府機関および団体(欧州委員会など)の顧問として、IT セキュリティ戦略に関する助言を行ってきました。 Honan は、消費者個人情報および企業のセキュリティ問題に関する第一人者として知られる専門家です。 最大の関心事であるこれらの問題に対応する革新的な技術を提供します。