ディスカウント ブローカリッジ大手

Salesforce の機密データを CipherCloud で保護する

概要

  • 業種: 個人客向け証券会社、銀行サービス
  • 規制: GLBA、PCI、プライバシ法
  • 製品: 法人および消費者向け銀行
  • 従業員: 12,000+

課題

  • 従来の CRM システムを Salesforce に更新
  • 14 の Salesforce Org のセキュリティを統合
  • クラウド ベースデータのコンプライアンスおよびプライバシ コンプライアンスへの適合

ソリューション

  • CipherCloud for Salesforce
  • 14 の Salesforce 組織の 25 以上のフィールドを暗号化
  • 社内のシングル サインオン システムとの統合

主な利点

  • 社内のレガシ CRM からの安全な移行
  • 最新の拡張可能なクラウド ベース プラットフォームの利用
  • 複数の Salesforce インスタンスの集中的なセキュリティ管理

個人客向け証券会社のパイオニアによるクラウド ベース CRM の集中管理

CipherCloud for Salesforce を使用して機密データを暗号化し、Salesforce への移行を可能にする 

 

課題

この個人客向け証券会社のパイオニアは常に、最新のテクノロジを利用して、40 年以上にわたり、効率性、高品質のサービス、低い手数料を提供してきました。 この会社は、柔軟で、拡張性が高く、数百万人のエンド ユーザーが簡単にアクセスできるシステムを必要としていたので、クラウドが適合するのは自然なことでした。

部門レベルで複数の Salesforce インスタンスが導入されていたため、社内アプリケーションとクラウド ベース アプリケーションの全体に一貫して企業のデータ保護ポリシーを適用する必要がありました。適用されるコンプライアンス要件のため、IT 組織は、個人の識別が可能な機密顧客データをその存在場所に関係なく常に保護し、未承認ユーザーが保護されたデータにアクセスできないようにする必要がありました。

要件

複数の Salesforce インスタンスを既に使用しているため、この会社は、業務を混乱させたり、Salesforce の機能を妨げたりすることなく、管理を集中化し、会社のポリシーを適用する必要がありました。社内のコンプライアンス監査担当者は、規制の対象となる顧客の金融データを、会社の外部に出る前に、企業内で排他的に保持されている暗号化キーを使用して、強く暗号化する必要があると判断しました。

暗号化の適用に加えて、以下のことが必要でした。

  • 単一のゲートウェイと管理コンソールで複数の Salesforce Org をサポートする
  • Salesforce の機能を維持し、検索、並べ替え、レポートの機能をサポートする
  • 14 の Salesforce Org と 1,000 人以上の社内ユーザーに集中型のセキュリティを提供する
  • 暗号化キーに対する排他的な内部アクセスを保証する
  • 会社のシングル サインオン システムとシームレスに統合する

ソリューション

この大手証券会社は、CipherCloud for Salesforce を複数の場所に導入し、社内の従来の CRM システムを置き換えるのに合わせて、Salesforce Org とユーザーを段階的に追加しました。現在、システムは 14 の Salesforce Org と 1,000 人以上のユーザーを保護しており、将来の成長に合わせた拡張が計画されています。 CipherCloud は、複数の Salesforce Org の保護を単一のゲートウェイ システムで集中化しながら、企業の SSO システムと統合します。 システムは、顧客の個人識別が可能な機密性の高い金融データを対象に、Salesforce 内の 20 以上のフィールドを保護しています。 この会社は、独自の暗号化キーを保持し、未承認の第三者が暗号化されたデータにアクセスできないことを保証します。

利点

CipherCloud for Salesforce を企業全体に導入することで、この大手証券会社は次のことに成功しています。

  • 従来の CRM システムを最新のクラウド ベース システムに置き換える
  • 複数の部門および Salesforce インスタンスに一貫してセキュリティ管理を適用する
  • 社内の IT インフラストラクチャを減らして、コストを削減し、効率性を向上させる
  • 将来的にクラウド サービスを追加するための柔軟性と拡張性を獲得する