クラウド マルウェア対策

クラウド経由でマルウェアがネットワークに侵入するのを防ぎます。

クラウドは、マルウェアに関する新しい課題をもたらしました。場所を問わず、だれとでもすぐにつながってコンテンツをやり取りできるということは、マルウェアがクラウド アプリケーションを通じて容易に拡散し、クラウド データの漏えいの可能性が増えるということでもあります。 ウイルスはあっという間にクラウド全体に増殖し、従来よりもはるかに大規模な損害を引き起こします。 企業におけるクラウドの利用拡大に伴って、クラウドがユーザーや企業内のネットワークにマルウェアを送り込む経路とならないように注意を払う必要があります。